第7回イスムフォトコンテスト(2017年)

第7回イスムフォトコンテスト(2017年)

第7回イスムフォトコンテスト(2017年)

001

応 募 者 SATORI

作 品 名 充電中

コメント 畳の上でエネルギー補給笑 仕事机の風景

001
002

応 募 者 SATORI

作 品 名 夕日の中で

コメント 今年(酉年)生まれの孫がやってきた様子を想像してしまいます

002
003

応 募 者 崑崙

作 品 名 お出迎え。

コメント 会社の玄関でお出迎え!

003
005

応 募 者 真鈴

作 品 名 愛猫も癒されて

コメント 写真を撮っているのに写りこんでしまうのでそのまま撮ってみました。我が家の愛猫も飼い主同様に佛様が好きなのでしょうか。

005
006

応 募 者 takokun

作 品 名 窓辺でブツブツブツ、、、

コメント 窓辺におられた上人さまの吐息が高く晴れた秋空に向かってブツぶつ仏と放たれていきました。

006
007

応 募 者 たかし

作 品 名 祝 運慶祭り

コメント 約1000年の時を越えて、天才仏像プロデューサー運慶さまに感謝、感謝です。合掌。

007
008

応 募 者 菊池洋明

作 品 名 清浄なる力

コメント 玄関に飾っている大日如来と迦陵頻伽。清浄な空気を演出してくれています。

008
011

応 募 者 オノザキミサオ

作 品 名 秋の弥勒様

コメント 今年は庭のザクロの木がたわわに実り、落ちてしまいました。落ちた実を玄関に飾り 弥勒様も一緒秋を楽しんでもらいました。

011
013

応 募 者 ウータン

作 品 名 トラと毘沙門天

コメント 若冲のトラを後ろに我が家の毘沙門天は守護神としてパワフルに見守ってくれています。

013
014

応 募 者 ウータン

作 品 名 我が家の本尊

コメント 大日如来の両脇を固めるのは広目天と持国天。リビングルームを厳粛な雰囲気で包み、且つ緊張感すら与えてくれます。

014
015

応 募 者 上田良夫

作 品 名 並んでみました

コメント 別に広隆寺での展示をまねた訳ではないのですが。

015
016

応 募 者 ヤッシー

作 品 名 本棚の演奏会

コメント 愉快な演奏会に新しいメンバーが加わりました。

016
017

応 募 者 荒尾努

作 品 名 平家とともに

コメント 西国の海に散った平家を偲ぶほとけ

017
018

応 募 者 みろく

作 品 名 やりくりの思惟

コメント 我が家のやりくりも56億7千万年なみの課題です。

018
019

応 募 者 まる

作 品 名  せめぎ合い

コメント レコードのコレクション棚に仏像フィギュアを1つ置くたびに、1マス分のレコードを押し入れに移動しております。現在4マス分のレコードが押し入れ行きとなりました。

019
020

応 募 者  仏さま

作 品 名 座禅と静寂

コメント 言うことなしの出来上がり

020
021

応 募 者 ぐっさん

作 品 名 晩秋

コメント 威風堂々とした不動明王が大好きです。 いつも部屋の真ん中で家族を見守っています。 イスムの作品を今後も増やしていこうと思っています。 次回は大日如来かな?

021
022

応 募 者 荒尾努

作 品 名 心のやすらぎ〜私の浄土〜

コメント 毎日見るテレビの上に浄土を。

022
023

応 募 者 Wansan

作 品 名 大日如来と秋草

コメント 仏像の中で一番大好きなこの大日如来。長い間、このイスムの仏像を眺めながら、いつかお会いしたいと思っていましたが、九月二十八日に東京国立博物館?運慶展」で出会うことが出来ました。大感激です。

023
024

応 募 者 旅人

作 品 名 四神獣と風神雷神

コメント 背景の四神獣はブータンで買ったものです。このような造形は町や寺院でよく見かけます。一方で風神雷神は、その起源は日本における独自の信仰によるもののようです。ブータンも日本も仏教の影響を受けている国ですが、異なる造形文化を持っています。ただ、四神獣も風神雷神もいずれも自然観察に基づくもので、親近感がわきます。

024
025

応 募 者 lightworker999

作 品 名 権現さまのお花見

コメント 春分も過ぎ、徐々に暖かさを感じるようになった頃。権現さまは一足早くお花見を楽しまれているようです。 玄関からは春の風が心地よく「ワクワク」も一緒に連れてきてくれています。 もうすぐ新しい年度の始まりです。

025
026

応 募 者 ケイラン

作 品 名 寒くなったら引越

コメント 我が家の毘沙門天はストーブの上に居ますので、寒くなったら引っ越しします。

026
027

応 募 者 JIRO

作 品 名 玄関を守る竜燈鬼

コメント 長らく単身で見守り続けたポリネシアのモアイに加えて、今年から仲間に加わった東洋の雄”竜燈鬼”。頭への乗せ方がともにチャーミング。

027
028

応 募 者 ankow

作 品 名 我が家の莫高窟!?

コメント 古いレコードを整理中に・・・ レコードジャケットのイスラム、日本ウイスキーの瓶の脇侍、音楽は西洋と弥勒菩薩を中心に世界がつながってるね。

028
031

応 募 者 和田清志

作 品 名 掛け軸と守護神様

コメント 今年は、薬師如来様と十二神将をセットで飾っています。

031
032

応 募 者 けんしろう

作 品 名 宇宙からの訪問者

コメント 宇宙というイメージで考えた。少し神秘的に撮れたので応募したくなった。

032
033

応 募 者 なおちゃん

作 品 名 あら、いい香り

コメント 蘭の香りに誘われ思わず振り向かれる

033
034

応 募 者 なおちゃん

作 品 名 すわってんと、はよ きゃんせ

コメント 近江聖人 中江藤樹に向かい一言 近江湖西地方の方言で 「座っていないで早くきなさい」

034
036

応 募 者 soulfan

作 品 名 日差しを浴びて

コメント 午後の日向ぼっこ

036
037

応 募 者 ゆうこ

作 品 名 アフさんとお月見

コメント 11月1日の十三夜の日に撮影しました。 何か季節のイベントがあるごとにアフさんこと五劫思惟阿弥陀如来さまにお菓子をお供えして、一緒に楽しんでいます^^

037
038

応 募 者 吉松敏也

作 品 名 クラシックカーと弥勒

コメント 弥勒菩薩の艶やかな黒と、黒いクラシックカーの対比を楽しんでいます。

038
039

応 募 者 ナオ

作 品 名 わが家の極楽浄土

コメント 家から帰ってくると、まるで極楽浄土に来たかのように出迎えてくれる仏様の様子をイメージしました。

039
040

応 募 者 ラン丸

作 品 名 李朝家具と吉祥天像と阿修羅像

コメント 寝室の床の間に置いていて、毎日眺められるのと色合いも合っていて、気に入ってます。

040
041

応 募 者 kiminot

作 品 名 かかあ天下??

コメント 娘が念願の仏像様をプレゼントしてくれました 嬉しくて毎日眺めては癒されていたんですが、どうしてもまた欲しくなり、ちっちゃい毘沙門天様を購入しました。 購入してびっくり!娘がプレゼントしてくれた吉祥天様の旦那様という事を知りました。 一緒に飾ったんですが、かかあ天下みたいになっちゃいました でも存在感は抜群です。

041
042

応 募 者 kiminot

作 品 名 夢中です??

コメント キッチンで料理をしながら、たまに目が合って 何だか幸せな気分になるんです とってもイケメン??

042
043

応 募 者 團克久

作 品 名 見守り

コメント 玄関先から静かに見守って送り出してる気持ちになります。

043
044

応 募 者 木綾子

作 品 名 私のギャラリー

コメント 亡き父と私は仏像が好きで私が数年京都に住んで居るときに、良く2人でお寺巡りをしてました。父は弥勒菩薩さまがとても好きでした。私は父と巡った思い出のある場所にいらっしゃる仏様が忘れられず、父が亡くなった後も一人で良く訪れます。このギャラリースペースにはそんな仏像達を並べています。気持ちを落ち着けたい時はここで時間を過ごします。イスムさんは、私たちが気になる仏像を出してくださるのでとても嬉しいです。しかもとてもツボなラインナップです! 先日は、念願の表参道店に足を運ぶことができ、とても良い時間を過ごす事ができました。ありがとうございます。

044
045

応 募 者 浅田眞補

作 品 名 興味津々(仲良くなろうネ)

コメント 「仔犬」とても愛らしい。仏像は自然とこうべを垂れ合掌してしまいますが、こちらは思わず頭を撫でてしまいます。非常に気に入りました。 仔犬をメダカの水槽の横に置いて見ました。メダカは好奇心が強いので仔犬を覗きにきています。仔犬は、初めて見る不思議な生き物…と言った眼差しに見えますね。和みます。

045
046

応 募 者 スズノスケ

作 品 名 私の心強い応援団長

コメント 50を過ぎて雅楽の道に入り、仕事と両立で、5年の練習生を経て、昨年雅楽舞楽伝承団体の会員審査の合格しました。でも、これがゴールではなく、ようやく人様に「雅楽を精進しております。」といえる立場になりました。日々練習すれば練習するほど、奥深さを感じ、自分の未熟さを感じます。 そんな私にいつも 「大丈夫、頑張って!!」 と、いつも私を励ましてくれるビンガちゃん(我が家ではそう呼ばせていただいております。) 来年の4月には四天王寺の仏様の前で演奏できる栄誉のチャンスがあります。 ビンガちゃん、どうか日々の私の雅道上達を見守ってください。

046
047

応 募 者 平川勝美

作 品 名 ふじと弥勒さま

コメント 

047
048

応 募 者 平山 貴久

作 品 名 蒼天の童子

コメント あっけらかんとした蒼天を写す吹き抜けの窓辺に佇む童子。紅い顔して何を力んでいるの?外ではヤシの葉が笑っている。

048
049

応 募 者 平山 貴久

作 品 名 トワイライトに何想う

コメント コーズベイの夕景画を背に、まるで夕闇せまる陽光に染まったかのような紅蓮の童子。その眼は遥か地平線の彼方に想いを馳せているよう。。。

049
052

応 募 者 平山 貴久

作 品 名 燃える秋

コメント 我が家の玄関、秋模様。制多伽童子と柿が己の紅さを競ってる。燃えてるねぇ

052
055

応 募 者 平山 貴久

作 品 名 不動明王さまのそばで

コメント 我が家の玄関で八角台座に鎮座する不動明王さま。脇侍の制多伽童子を置いてから、、、すっかり主役の座を奪われております。

055
057

応 募 者 KIYO

作 品 名 煩悩退散

コメント 下から照らされた不動明王の表情はより厳しく。スケールを超えた迫力で、煩悩が見透かされているかのようです。

057
058

応 募 者 久保田 修

作 品 名 阿修羅様

コメント 初めて阿修羅像を購入しました。また、中川学氏のジクレー絵画も購入。 とても気に入っています。宝物です。

058
059

応 募 者 飯塚政弘

作 品 名 私のパソコンシステムの守り神

コメント この毘沙門天像は多くの毘沙門天像の中で最も好きな像です。その毘沙門天さまを私の小さなパソコンシステムの「守り神!」に迎えることができて大変嬉しいです。

059
060

応 募 者 飯塚まさひろ

作 品 名 毘沙門さまと一休み

コメント 上の段に祭ってある「毘沙門天」を下におろして、 毘沙門さまをまじかに眺めながら一休みするのは最高の幸せで、 疲れもいっぺんに飛ぶ心地です。

060
061

応 募 者 宮川あんり

作 品 名 リビングにて

コメント シンプルモダンなリビングにも溶け込む毘沙門天様です。

イスムからのコメント落ち着いた色調の中に佇む毘沙門天像。奥行のある広い空間でもこれだけの存在感を放つのは、仏像というアイテムならではでしょうか。

061
062

応 募 者 和田清志

作 品 名 我が家の守護神3

コメント 新薬師寺内の祭壇を再現して飾ってみましたが、お気に入りアングルの1つ目です。

062
064

応 募 者 御園生勲

作 品 名 仁王さんと紅葉狩り

コメント 3Dプリンタで作成した自分自身のフィギュアと仁王さんで紅葉狩りを楽しんでいます。

064
065

応 募 者 御園生勲

作 品 名 コンサート

コメント 阿修羅の後ろ姿と、お顔、腕をみていたら、ふと指揮者を想いだしました。 持っている仏様を合唱隊に見立ててみました。

065
066

応 募 者 うさん

作 品 名 はやく大きくなりたいな?

コメント 職場では、このつぶらな瞳は、何を考えているのだろうと、いろいろ想像しながら、癒されています。

066
067

応 募 者 うさん

作 品 名 どうしてそんなにおこってるの?

コメント 同じ“イヌどーし”なのに表情・趣きがまったく違う2人のコントラストが、とても気に入っています。

067
068

応 募 者 とち

作 品 名 昼下がり

コメント 天界から追われた阿修羅には仲間がいます。寄り添っているのはフェルニア・ピランシー、和名は阿修羅。ヒッソリと花が咲きました。

068
069

応 募 者 ちばたか

作 品 名 飲みすぎはいかんぞ!

コメント  のん兵衛なものだから、ついつい飲みすぎてしまう。お銚子、もう1本と思ったとき、不動明王さまがにらみをきかす。その目は「飲みすぎだ」と訴えている。「はい、わかりました」と私。

069
070

応 募 者 ふくすけ

作 品 名 お気に入りの音楽と

コメント JAZZに聞き入る大日様です。

070
071

応 募 者 GAMI

作 品 名 朝日を浴びて

コメント さわやかな冬の朝日の中、目覚めた瞬間から心が癒されます。我が家のパワースポットです。

071
072

応 募 者 GAMI

作 品 名 運慶展から。

コメント 運慶展から帰ってきて、我が家の大日如来さまにもキチンとスポットライトのある特別な空間を用意させていただきました。本物にも負けず劣らずです。

072
073

応 募 者 平山貴久

作 品 名 柿と並んで色づく童子

コメント 秋の日の童子と柿たち。色づく書斎の棚上にはどこか郷愁が漂っています。

073
075

応 募 者 美術図書館

作 品 名 机の上の守護神達

コメント 狭い所にお集まり頂き、申し訳ありません。でも、私の心は救われています。

075
076

応 募 者 美術図書館

作 品 名 My,運慶展

コメント 会場:自宅 会期:永久(会期中展示替えは、ありません) ※観覧には主催者の関係者からの紹介状が必要です。

076
077

応 募 者 美術図書館

作 品 名 暖かいね?

コメント 失礼とは思いますが、お不動様の炎を見た時から、この構図で飾ってみたかったのです。

077
078

応 募 者 コーチャン

作 品 名 小坊主

コメント 怒れる天燈鬼と竜燈鬼を小坊主がなだめています。

078
079

応 募 者 柴山リア

作 品 名 ニューヨークの弥勒さま

コメント 年末恒例のメッセージをどうしようかと迷っている時に妹からニューヨークまで送ってもらった弥勒像でグリーティングカードを作りました。

079
080

応 募 者 さとみや

作 品 名 ワンコ

コメント 我が家に来た子犬ちゃん、寒くなってきたのでマフラーを巻いてあげました。ヌクヌクになったかな。

080
081

応 募 者 ami

作 品 名 競演。

コメント 方法の違いはあれ、どちらも最高の技術による表現だと思います。。両者とも競っているように見え、日々目にしてワクワクします。

081
082

応 募 者 Tazboy 57

作 品 名 電話番のお不動様

コメント 本当は電話番をお願いしているわけではなく、味気無いモデムを少しでも華やかにしたく、鎮座していただいております。今後とも宜しくお願い致します。

082
083

応 募 者 まるお

作 品 名 一升枡

コメント 今は無き実家の食堂で代々使われてきた一升枡。阿弥陀様にお入りいただいたことで、何かとても懐かしく、言い知れぬ温かさを感じています。

083
084

応 募 者 おりあきちー

作 品 名 どこに飾ろうかな♪

コメント 以前よりずっと気になっていたイスムさんの仏像。私たち夫婦の結婚10周年記念にと、ついに大日如来を購入しました!!その仏像を私たち以上にワクワクして選んでいたのが奥に写る長男。率先して場所選びを考えてくれているのが微笑ましく思い、このたび応募しました。

084
086

応 募 者 鈴音

作 品 名 闇への願い

コメント 光が当たらない闇の中で 苦しんでいる人々に光が届きますようにと 温かく見守る仏様のこころを思いました。

086
087

応 募 者 イクミ

作 品 名 どれ食べよっかな♪

コメント お供え物のみかんをいただこうとした私の気持ちと弥勒さまのお姿がシンクロしました。

087
088

応 募 者 ムム

作 品 名 私の守り仏様

コメント 憂鬱な時、阿修羅さんの表情を見ていると阿修羅さんも私と同じように苦悩したり悩んだりしたんだろうなと思い癒され励みになります。いつまでもおそばで見守って下さい。

088
089

応 募 者 Tokyotower

作 品 名 阿修羅さま

コメント はじめての仏像

089
090

応 募 者 澪香

作 品 名 錦上添花

コメント 阿弥陀様の御身から花が溢れ出すように、花を光背に見立てて撮影しました。撮影に使用した花は誕生日にいただいたもので、阿弥陀様と重ねて見ると、より一層温かな気持ちにさせてくれます。

090
091

応 募 者 しかまろさん

作 品 名 初心を忘れずに

コメント 今年、大変注目を浴びた仏師運慶。数ある仏様の中でも大日如来は運慶のデビュー作。輝かしい未来を夢見ながら、心血を注いで制作したのでしょう。その初心にあやかり、そして自分も常に初心を忘れないようにと、大日様を目の前に飾り、毎日を過ごしています。

091
092

応 募 者 鈴木雅利

作 品 名 風神・雷神?

コメント 少し高い所に飾ってあるので、照明、見る角度で影が綺麗にうかびます。

092
093

応 募 者 菅明王

作 品 名 お気に入り三尊像

コメント 我が家のお気に入り三尊像

093
094

応 募 者 sakai8345

作 品 名 PCと毘沙門天と

コメント 部屋の北側に配置したら、PC周りになりました。変なウィルスから守っていただきたい。

094
095

応 募 者 SO13

作 品 名 くつろぐ景色

コメント 苔盆栽と孔雀明王 ライトアップしてくつろぎの最高の景色

095
096

応 募 者 ちんだみ

作 品 名 simple is best (2017)

コメント シンプルで最高なお出迎え

096
097

応 募 者 佐藤洋史

作 品 名 チェロを聴く弥勒さま

コメント 弥勒菩薩はじっと考え続けているのですが、音楽を聴いているようにも見えます。チェロは人の声に最も近い楽器と言われていますが、我が家のチェロにも弥勒菩薩は耳を傾けています。

097
098

応 募 者 簗瀬明

作 品 名 弥勒とニケ

コメント jazzを聞きながら、ウイスキーを片手に「弥勒とニケ」と語りあう。至福のひととき。

098
099

応 募 者 奥川一臣

作 品 名 やっぱり気になりますか?

コメント 桜盆栽と一緒に飾っている阿弥陀様。 桜の季節には阿弥陀様もついつい気になって しまわれるのではないでしょうか。

099
100

応 募 者 akazoroe

作 品 名 朝の陽射しと大日如来

コメント 

100
101

応 募 者 akazoroe

作 品 名 夕暮れの不動

コメント 

101
102

応 募 者 ふるけん

作 品 名 お引越し

コメント 以前は玄関でしたが、今はリビングにて 温かく見守っていただいております。

102
103

応 募 者 小林茂

作 品 名 明るく 暖かく

コメント 太陽の化身であり、明るく暖かくお願いします。

103
104

応 募 者 みにすけ

作 品 名 素敵な憤怒相

コメント 水牛に跨る御姿に一目惚れ。

104
106

応 募 者 しまちゃん

作 品 名 我が家のTanaCOCORO 5+1?

コメント 玄関に新設のコレクションボード最上段に揃った五体の仏像たちが右隣のイSム弥勒菩薩(右端の影)とともに毎日出迎えてくれます〜ホッとする瞬間です〜

106
107

応 募 者 しまちゃん

作 品 名 ツーショット...その2

コメント コレクションボードから出た二体の夜のツーショット。凛とした大日如来と憤怒をあらわにした不動明王〜その威厳に身が引き締まる思いです〜

107
108

応 募 者 しまちゃん

作 品 名 ツーショット...その1

コメント 化身の不動明王が加わり、その存在感を一層増した大日如来。二体のツーショット仕立てにしてみました〜ゆるぎないエネルギーを観じます〜

108
109

応 募 者 松本守宮

作 品 名 見上げてごらん

コメント ん? 雨か? 葉の天蓋を通して降る光か?

109
110

応 募 者 雄士

作 品 名 我れ参上

コメント 

110
111

応 募 者 大和奈良

作 品 名 鏡の中の観音様

コメント アラビックの鏡の中にシルクロードのイメージを写してみました。ガラスの置物、駱駝の隊商とのコラボです。

111
112

応 募 者 大和奈良

作 品 名 大地の微笑み

コメント 大地の微笑み南瓜。我が家に有った南部鉄瓶の赤い南瓜と観音様の赤い肌との調和を写して見ました。

112
113

応 募 者 大和奈良

作 品 名 優しい朝日を受けて

コメント 晩秋の早朝、東の窓から入る木漏れ日を受けた観音様の横顔に心和みシャッターをきりました。

113
114

応 募 者 大和奈良

作 品 名 異国の四天王

コメント クリスマスシーズンを迎え異国から援軍来る

114
116

応 募 者 大和奈良

作 品 名 パティオの安らぎ

コメント 白いパティオに緑のシダ、静かにほほ笑む仏様。我が家のパティオのオブジェにピッタリおさまりました。

116
117

応 募 者 大和奈良

作 品 名 大輪の花の下

コメント 悟りを開かれた菩提樹の大木に見立ててみました。

117
118

応 募 者 大和奈良

作 品 名 書斎に逸品

コメント 読み、書き、写真・・・瞑想

118
119

応 募 者 MIL

作 品 名 キッチンの守護神

コメント キッチンを上から見護る仔犬

119
121

応 募 者 MIL

作 品 名 時間の守護神

コメント 時の流れを護る帝釈天

121
123

応 募 者 大野進

作 品 名 戌年

コメント 来年の戌年をテーマにPCをバックに「子犬」を撮ってみました

123
124

応 募 者 菩撮

作 品 名 机の上の展覧会

コメント 運慶展や快慶展、西大寺展、仏像ファン垂涎のビッグイベントが目白押しだった今年の余韻に浸りつつ・・・。

124
125

応 募 者 むっちゃん

作 品 名 赤の王子

コメント 運慶展で実物に会えたので、是非手元におきたいと復刻版を楽しみに待っていました。凛々しいお顔はジャニーズですね

125
132

応 募 者 Fu lijun

作 品 名 工作中的阿修羅 阿修羅 at Work

コメント 阿修羅 sitting next to my computer is elegant and beautiful as always. When I’m tired and need a break, I like looking at 阿修羅 and admire his figure, submerging myself in his peace for a while. After a short break, I’m flooded with inspirations and ready for more work!

イスムからのコメント画面のビビットな色合いに負けないゴールドカラーの阿修羅像。その美しさに癒されるのはどうやら万国共通なようですね。

132
133

応 募 者 Fu lijun

作 品 名 傾聽 Listening

コメント This afternoon, with the accompany of 五劫思惟阿弥陀, the world seems peaceful and heart-warming. A friend of mine shared many stories with 五劫思惟阿弥陀.

133
134

応 募 者 Fu lijun

作 品 名 守護 Body Guards

コメント My most cherished 大日如来 and his body guards Mimi and Lili. Buddha and kittens, stillness and movement, together they bring a beautiful aura of peace and harmony to our family.

134
136

応 募 者 大関正人

作 品 名 運慶展で一目惚れ

コメント 運慶展で大日如来に一目惚れし、そのまま谷中店で購入。しかし自分の部屋より母親の部屋の蔦と飾っておいたほうが、落ち着きがあり、ありがたみがでていたので、母のものに。

136
137

応 募 者 我らうさぎ団

作 品 名 この季節と阿修羅王

コメント テレビの側に置いてあるのに、ふとした時にはいつも見てしまう阿修羅像。気づいたらもうこの季節なんだなぁと思っています。やっぱり顔が良いですね。

137
138

応 募 者 釋優燈

作 品 名 ミダリストだぜー!

コメント 音にこだわり、照明にもこだわる。 だから、オレは50年悩んでる。 えっ? お前は、もっと悩んでるのか!? 何も語ってくれないのなら、せめてオレの愛する2本のギター、その一弦一弦に光を当ててくれ!

138
139

応 募 者 畔田斎

作 品 名 我が家の玄関番

コメント 阿修羅像が我が家へご滞在以来 ずーっと玄関番をしてくれています。 三つの表情で喜怒哀楽を上手に使い分けを しながら、来客を和ませております。        時には手を挙げてヨガのポーズをとったり して、体幹を鍛えているようです。???

139
140

応 募 者 ぴーひょろ

作 品 名 今日のコンサート

コメント 音楽と向き合う日々。 作曲家と魂を通わせ、演奏を聴いていただく方とどのような空間を作り、曲の本質を如何に届けるかを念頭に置き、試行錯誤している時…ふと顔を挙げると弥勒菩薩がCats Duoの演奏に耳を傾けていらっしゃいます。 「聴いてくださる方の心に届く演奏を目指そう」と初心に帰れる大切な空間です。

140
141

応 募 者 嘉慶

作 品 名 こんにちは

コメント 金魚に次いで、新しく我が家のペットの仲間入りした仔犬君。先輩にご挨拶! 両者共に興味津々?

141
142

応 募 者 ひと

作 品 名 トモダチ

コメント お母さんの童子にいつの間にか寄り添っていたのは、息子くんの大事なパンダちゃん。

142
143

応 募 者 荒尾努

作 品 名 琵琶を聴く

コメント 

143
144

応 募 者 EZOIWANA

作 品 名 12月の五劫思惟阿弥陀如来さま

コメント 季節の飾りの中でも存在感は素晴らしい。世界観を超える五劫思惟阿弥陀如来さまの姿は偉大です。

144
145

応 募 者 猫田

作 品 名 新人教育

コメント 

145
146

応 募 者 宮田美津雄

作 品 名 床の間

コメント 床の間の風景

146
147

応 募 者 清水啓子

作 品 名 2017秋の阿修羅

コメント 軽井沢彫の家具と紅葉に秋の野の実りの中の阿修羅です。後ろの影のような黒い阿修羅は、以前に奈良の平城京跡で購入した炭で作られたものです。興福寺中金堂落慶を祝して、このように配置してみました。

147
148

応 募 者 EZOIWANA

作 品 名 めぢから

コメント 書棚の前に置くことで、不動明王さまの智慧の助けをいただけるように感じております。力強い視線が怠惰な自分を見透かされているようで時々ハッとさせられます(笑

イスムからのコメント強調されて、写りは大きくないもののその鋭い眼光がこちらまで届くかのようです。本という知的なアイテムと仏像との相性が光る作品です。

148
149

応 募 者 葉子

作 品 名 心を視つめる

コメント 時など超えて、そこに生きている運慶の仏像をただただ美しいと視つめていると、心のあり方の尊さを問われているような、教えられているような、そんな素敵な時間が我が家に訪ずれました。 本当に素敵な仏像です.**

イスムからのコメント2017年に一番活躍した円成寺・大日如来像。仏としての圧倒的な存在感のあるこの像は、ややもするとインテリアとしては重たいものになりがちですが、とても上手にご自分の空間に馴染ませていらっしゃいます。 さりげなくトーンが合わされたお気に入りのものに囲まれて、大日さんもいるもよりやさしげな表情で微笑まれているようですね。

149
151

応 募 者 迦楼羅女子

作 品 名 迦楼羅立体曼荼羅

コメント 迦楼羅を中心とした立体曼荼羅です。

151
152

応 募 者 迦楼羅女子

作 品 名 迦楼羅の合奏

コメント 3体の迦楼羅の合奏を楽しんで下さい。

152
153

応 募 者 仏像見聞の理樹ちゃん

作 品 名 すばらしい運慶仏!

コメント 先日、東博で「運慶展」を見聞してきました。 とてもすばらしくて感動しました。  自宅でも、「運慶展」を開催してみました。

153
154

応 募 者 相撲好き

作 品 名 手形

コメント 人は大きさでは無い。 体で表すべし!

154
155

応 募 者 櫻庭浩

作 品 名 神帰り月(かみかえりづき)

コメント なごりの紅葉を背景に 神帰り月と師走の狭間の如来様。 どうぞあとひと月見守ってくださいという思いからの1枚です。

155
156

応 募 者 聴慎

作 品 名 朝のリビング

コメント 菩薩よ。毎朝,あなた様をみて気持ちを整えています。今朝は,晴れているようですね。

156
157

応 募 者 聴慎

作 品 名 或る日のdisplay”時”

コメント 私たちは,毎日,時間に縛られての生活です。 仏様,菩薩様は如何ですか。 時計は気になりませんでしょう? その極意を知りたい。

157
158

応 募 者 J太郎

作 品 名 机上の応援団

コメント 新たな仏様をお迎えし、毎日仏様方から叱咤激励を頂いております。

158
159

応 募 者 関愛

作 品 名 みかえり

コメント どちらも気に入って飾っていましたが、ふと共通することに気づきました。 見返る先に見えるのは、現世でしょうか、極楽でしょうか。

159
160

応 募 者 釋尼 華光

作 品 名 私の宝物

コメント 全部お祝い品でもらったものです。

160
161

応 募 者 斎藤直樹

作 品 名 賽銭箱を用意しました

コメント 先週、知恩院で買った賽銭箱と撮ってみました。

161
イスム取扱店舗 イスムショップご利用ガイド ご質問・お問い合わせ イスム安心サポート 仏像を楽しむならイスム会員