第4回イスムフォトコンテスト(2014年)

第4回イスムフォトコンテスト(2014年)

第4回イスムフォトコンテスト(2014年)

000
000
001

応 募 者 こだまやすお

作 品 名 土門拳のつもりで

コメント 

001
002

応 募 者 ボンデソン恵子

作 品 名 どの角度からも美しい吉祥天様

コメント 

002
003

応 募 者 見仏好き

作 品 名 灯火

コメント 

003
004

応 募 者 Tazboy 57

作 品 名 水屋箪笥の風神、雷神

コメント 違い棚水屋のこのスーぺスには「掌シリーズ」の面々に季節毎に入れ替わりで登場してもらっています。

004
005

応 募 者 Tazboy 57

作 品 名 蕎麦猪口と毘沙門様

コメント 午後の陽ざしを受けて凛々しいお顔の毘沙門様です。

005
006

応 募 者 頸壱

作 品 名 静謐な時間

コメント 寝室の白い家具の上
電球色の和紙照明と阿修羅像
睡眠前の静謐な時間をゆっくりと楽しむ場です。

006
007

応 募 者 あおいそら

作 品 名 玄関の仏像

コメント ニッチにLED照明をあてて、玄関先。
これを含め3体 置かせていただいております。

007
008

応 募 者 あおいそら

作 品 名 玄関の仏像

コメント 

008
009

応 募 者 ムム

作 品 名 癒しの微笑

コメント この角度から見た微笑が1番好きです。

009
010

応 募 者 落合伊佐男

作 品 名 柔和、その世界。

コメント 今夏、訪ねた新潟出雲崎で求めた良寛の書。子どもの求めで書いた天上大風。良寛さんの優しさと一体となった仏の柔和な顔。心癒される時間が流れます。

010
011

応 募 者 平成の琵琶法師

作 品 名 いつ見守られて

コメント 毎年誕生日に一体ずつ妻がプレゼントしてくれています。せいたか童子は娘に似ているので、癒されます。

011
012

応 募 者 まかぼだら

作 品 名 妄執退散を願うデスクトップ

コメント パソコンデスクに並んでいる煩悩・物欲の象徴の品々。これらへの妄執をいつか阿修羅さまに断ち切ってもらいたいと願いつつ、毎日キーボードを叩いています。

012
013

応 募 者 こぼっちゃん

作 品 名 仏凡一体(ぶつぼんいったい)

コメント カーテン越しに 朝の日ざしを受け
ありがたき 良き日でありますように

013
014

応 募 者 こぼっちゃん

作 品 名 あした出かけます

コメント どちらさまの仏さまを拝もうか
そして撮らせていただこうかなぁー

014
015

応 募 者 こぼっちゃん

作 品 名 仏凡一体(ぶつぼんいったい)

コメント 夜が更けて リビングの光を受けて
ありがたき 良き日がすぎてゆきます

015
016

応 募 者 鈴木雅利

作 品 名 視線の先に

コメント 我が家のダイニング、何時もの自分の席からの眺めです。

016
017

応 募 者 Wansan

作 品 名 浄土への導き

コメント 空也上人の極楽浄土への思いを表現して見ました。

017
018

応 募 者 佐藤雅美

作 品 名 いつもの場所

コメント 

018
019

応 募 者 ネコのしま子

作 品 名 ワタシが好きな仏像

コメント 

019
020

応 募 者 大原 奥村

作 品 名 ありがとう仏頭様

コメント 毎日そっと見守ってくれているようです。
感謝しています。

020
021

応 募 者 大原 奥村

作 品 名 信念の仏頭様

コメント とても印象的な表情を見せてくれましたので、撮影しました。

021
022

応 募 者 下崎良智

作 品 名 制多伽童子と愉快な仲間

コメント 弥勒菩薩を見に行った帰り、求めたネコのつがいに、仲間ができ階段で遊んでいます。

022
023

応 募 者 たけきよ

作 品 名 

コメント 亡き祖父の書いた作品を背景にした一枚です。
一日の終わりに眺めていると心落ち着くひとときを過ごせます。

023
024

応 募 者 不苦労と福老

作 品 名 不苦労(フクロウ)と共に

コメント  我が家のリビングで、フクロウ(不苦労)と共に、家族を見守ってもらってます。
 これからも、宜しくお願いします。

024
025

応 募 者 不苦労・福郎

作 品 名 不苦労と共に?

コメント  我が家のダイニングで、フクロウ(不苦労)の置き物と共に家族を見守ってもらってます。
 これからも宜しくお願いします。

025
026

応 募 者 田中一成

作 品 名 瑠璃色の祈り

コメント 仏の祈りは、瑠璃色の世界。安らぎの光に包まれる、心の色を表現しました。悠久の生命感がある空間の中で、仏たちと過ごす事ができ、あなたの祈りを瑠璃色の世界に導く事でしょう。

026
027

応 募 者 花馬

作 品 名 窓辺の竜燈鬼

コメント じっと無言でお外を見つめる竜燈鬼の、哀愁漂う背中でした。

027
028

応 募 者 あっさん

作 品 名 心の保養

コメント 

028
029

応 募 者 田中一成

作 品 名 魂の鼓動

コメント 毘沙門天は、古より戦の神として崇められて、運命を切り開く力強い生命力が秘められています。
幸運とは、戦で自ら勝利を得て幸せになると云います。何時の世も自分の運命に勝利を得て、幸せを掴み取るものです。幸運へと導いてくれるのが、毘沙門天の祈りです。

029
030

応 募 者 たかし

作 品 名 秋の夜長にTVを観ていると・・・

コメント わたくしが映っておりました。合掌。

030
031

応 募 者 セントくん

作 品 名 我家の玄関 @

コメント 家に帰ると優しいお顔で迎えて頂いております。

031
032

応 募 者 セントくん

作 品 名 我家の玄関 A

コメント 家に帰ると優しいお顔で迎えて頂いております。

032
033

応 募 者 ENTer

作 品 名 ハロウィンの季節

コメント 秋にはハロウィンのカボチャの脇侍を務めます。

033
034

応 募 者 あおいそら

作 品 名 玄関の仏像

コメント 

034
035

応 募 者 あおいそら

作 品 名 玄関の仏像

コメント 

035
036

応 募 者 渡邉一雅

作 品 名 『月を纏って』

コメント 「初めての応募になります。私のイスム仏像の楽しみ方は『イスムの仏像を写真にして飾る』が基本です。家は狭くなかなか皆様の様にきれいに飾れる場所も無く・・・ですが、もちろんインテリアとして自宅に飾っておりますが・・・今回は私なりの楽しみ方を添付させて頂きます。」

036
037

応 募 者 天燈鬼

作 品 名 青と赤(青の部)

コメント 蔵書と龍燈鬼で遊んでみました。青が映りこんだのか意外な効果が出ました。

037
038

応 募 者 天燈鬼

作 品 名 Blue Guardian

コメント 蔵書と龍燈鬼で遊んでみました。青い守り神様は眼だけがランランと光っています。

038
039

応 募 者 ミルフィーユ

作 品 名 ベットサイド

コメント お気に入りのアンティークボックスに配置してみました。私の癒しの空間になっています。。。

039
040

応 募 者 小松弘明

作 品 名 ♪玄関守護神♪

コメント 扉の開け閉ての度に、お祓いして頂いている気分です♪

040
041

応 募 者 福塚一哉

作 品 名 我が家のタンスの上です

コメント 夕陽にあたってキレイなのでいつも見とれています。

041
042

応 募 者 緑雲文栄

作 品 名 祈り

コメント お盆の時期に購入しました。手を合わせる機会の多いこの時期に、1300年前の阿修羅のまなざしに思いを馳せながら写真をとりました。

042
043

応 募 者 緑雲文栄

作 品 名 侘び寂び

コメント 壺は父の遺品です。2009年東京上野で開催された阿修羅展に行きたがっていたのを思いだし、大きい阿修羅像を奮発して購入しました。盆栽、庭仕事、こけし・壺の収集など多彩な趣味を持っていた父に、どのように見せたら認められるかと現在模索中です。

043
044

応 募 者 緑雲文栄

作 品 名 守護神

コメント 実家の床の間に飾っています。帰省の際はこの部屋に布団を敷いて寝起きしています。存在感があるので、護られているという思いを強く感じます。

044
045

応 募 者 やすじ

作 品 名 「紅葉に見返り」

コメント 「三年前に紅葉を撮りに訪れた永観堂で出会ったみかえり阿弥陀。今、手元に置いて、その時の紅葉の写真と一緒に、私の部屋を飾ってくれています。時々、旬の季節の写真に取り替えながら、この仏像を楽しんでいます。」

045
046

応 募 者 ミロク

作 品 名 阿修羅・菩薩の魅力にはまる @

コメント 

046
047

応 募 者 ミロク

作 品 名 阿修羅・菩薩の魅力にはまる A

コメント 

047
048

応 募 者 ミロク

作 品 名 阿修羅・菩薩の魅力にはまる B

コメント 

048
049

応 募 者 ミロク

作 品 名 阿修羅・菩薩の魅力にはまる C

コメント 

049
050

応 募 者 やすじ

作 品 名 「仲良しこよし」

コメント 「見かえり阿弥陀と家内の手作り童人形が、我が家のリビングルームに和やかで楽しげな雰囲気を醸し出してくれています。」

050
051

応 募 者 ひとり股旅

作 品 名 静寂

コメント 拙いスマホ写真ですが、応募させていただきました。お気に入りのケースに納め、不動明王様を撮りました。

051
052

応 募 者 smatu

作 品 名 取り急ぎの阿修羅

コメント フォトコンテスト向けにじっくり写したいのですが、建て替えのため仮住まい中です。梱包した阿修羅を急ぎ取り出して撮影し応募いたしました。飾りっ気のないオーディオ棚に置き三脚なしでの撮影となりました。ちと簡単すぎたものとなり恐縮です。

052
053

応 募 者 中島 光

作 品 名 玄関

コメント 田舎(沖縄)の赤土のシーサーと赤い制多伽童子を並べています。

053
054

応 募 者 Philo

作 品 名 You'd Be So Nice To Come Home To

コメント 単身赴任も二年目。疲れた頭にしっとりとしたジャズピアノの音色が心地よい。スピーカーから流れるメロディーに「この曲、何?」と、阿弥陀様も振り返る・・・。(厨子:自作、ナラ合板合成漆仕上)

054
055

応 募 者 兵法タイ捨流

作 品 名 『鋒』

コメント 古武道剣術の奉納演武の度に表参道を訪れ約一年。イスムをやっと手に入れました(笑) 「刀の鋒」と「伐折羅の鋒」です。観ているだけで身も心も引き締まります。

055
056

応 募 者 兵法タイ捨流

作 品 名 『守護』

コメント 如来を守護する伐折羅。家族・友人…大切な人々を護れる人間になりたいですね。

056
057

応 募 者 兵法タイ捨流

作 品 名 『生きる』

コメント 長淵剛の書「生きる」の前に置いてみました。伐折羅の生命力が加わり、より力が湧いてきます。生きて生きて生きまくります(笑)

057
058

応 募 者 兵法タイ捨流

作 品 名 『火炎』

コメント 火を見つめ炎に照らされる伐折羅。火を見つめると心が穏やかになりますね。

058
059

応 募 者 兵法タイ捨流

作 品 名 『龍泉』

コメント 龍の泉をイメージした朱金の障子をバックに撮りました。黒い伐折羅がよく映えて吸い込まれそうです。

059
060

応 募 者 兵法タイ捨流

作 品 名 『和洋折衷』

コメント シャンデリアの下の伐折羅。下から見上げる伐折羅も素晴らしい(笑)

060
061

応 募 者 QOT@

作 品 名 「筆を休めて」

コメント 筆をキーボードに持ち替えたけれど、言葉に込める思い変わらない。言葉と向き合う時間は、ただ一文字一文字、一行一行に完全に没頭していたい。いつでも自分がそういられるかどうか、広目天の慧眼は厳しく、静かに見守っていてくれる。そのあとに来るのは、互いに筆を休める時間。

061
062

応 募 者 大原 奥村

作 品 名 窓枠の蔵王権現様

コメント 窓に反射した照明の光が夜空のように見えました。

062
063

応 募 者 金井英幸

作 品 名 

コメント ハロゲンランプの高輝度照明、実物ではありえません。

063
064

応 募 者 ゆう1

作 品 名 よぉ!

コメント アップで撮影すると造形の細かさがより伝わってきますね。素晴らしい。

064
065

応 募 者 マハーカーラ

作 品 名 もしも阿修羅で弾けたなら

コメント 念願叶ってやっと阿修羅が家に降臨しました。何処に配置しようかと悩んでピアノの上にしてみました。阿修羅の様に三面六臂があれば、楽しく弾けるのに。まぁ、全く弾けないんですけどね(笑)

065
066

応 募 者 瀧口正英

作 品 名 輝き以上の毘沙門天

コメント スターリングシルバーの輝き以上。真鍮ゴールドの輝き以上の黒光りの毘沙門天。最高だ。

066
067

応 募 者 commencal

作 品 名 『日曜日の遅い朝』

コメント 『11月も後半、朝の寒さも徐々に増してきて週末はどうしても寝坊しがちに。そんな中、日が高くなり明るくなってきたベッドルームのチェストの上には、少しだけクリスマスを意識したデコレーションと運中供養菩薩様。今年も残すところあと1ヶ月程。平凡だけれども平穏な1年を送れた事に少しだけ感謝。』

067
068

応 募 者 宝くじ

作 品 名 ベランダの窓際

コメント ベランダに面した窓際のテーブルにおられる愛染明王を部屋の中からパチリ。

068
069

応 募 者 ぶりたに

作 品 名 1123

コメント 玄関の吉祥天

069
070

応 募 者 ペドくん

作 品 名 今日も安全運転!

コメント 両面テープで転倒防止してます。

070
071

応 募 者 ペドくん

作 品 名 おかえりなさい

コメント 夕日がいい感じでしょ!

071
072

応 募 者 野地 良行

作 品 名 ボーカル?

コメント 風神、雷神をバックに、ステレオの前の婆娑羅さんはロックバンドのボーカルのようです。

072
073

応 募 者 野地 良行

作 品 名 風に吹かれて

コメント 窓辺で、爽やかな風と柔らかな日差しをあびていつもより、少しだけ穏やかなお顔かな。

073
074

応 募 者 らんまる

作 品 名 高僧に見守られて・・

コメント リビングにいらっしゃる空也上人。最初は何とも不思議な像だと思っていましたが、毎日眺めている内に癒し系的な存在になりました(笑)

074
075

応 募 者 米谷 和雄

作 品 名 「樹下瞑想」

コメント 早朝 尾瀬への林道をひとり辿っていて、突然この御仏が脳裏に浮かんで消えず。これぞ天啓かとその場に座り、暫し瞑想した遠い日の思い出のために、拙作(油絵)を添えました。

075
076

応 募 者 米谷 和雄

作 品 名 「微笑みにいやされ」

コメント 世界三大微笑のひとつと称される、御仏の優しくも美しい御表情を拡大し描いて、イスム作品に添えてみました。

076
077

応 募 者 スズキマサトシ

作 品 名 静/動

コメント キッチンカウンターの上の阿修羅です。周りが、バタバタしていても、阿修羅は、いつも変わらず、そこに佇んでいます。

077
078

応 募 者 米谷 和雄

作 品 名 「二人吉祥天」

コメント イスム作品と拙作を並び掲げ、より喜びと祝福を願って。

078
079

応 募 者 米谷 和雄

作 品 名 「愛と幸」

コメント 人間的、母性的と讃えられるこの御仏が『毘沙門天の妃』と聞いて納得。拙作の毘沙門天像を併せ掲げて、我が家に「愛と幸」のお福分けにあずかろうと。

079
080

応 募 者 如意輪ちゃん

作 品 名 癒しの空間

コメント 1日の疲れをイスムの仏像たちを見て、お香をたき、くつろぎの空間の中で、癒しています。なくてはならない存在です。

080
081

応 募 者 鈴木雅利

作 品 名 何時もの風景

コメント キッチンの換気扇下、ここが自分の禁煙スペース。
腰かけて見上げると、そこには何時も阿修羅

081
082

応 募 者 中島 力

作 品 名 イスムの天「心の須弥壇」

コメント 我が家の和室にある床の間に、仏像スペース(棚)を作りました。イスムの仏像にPOSTカードや書籍、棚の2段目はまだ大きく空いています。イスムスタンダードで飾りたい空間です。

082
083

応 募 者 島村正樹

作 品 名 叱られて

コメント 愛染明王と十牛図に見守られ、日々反省精進しています。

083
084

応 募 者 田中宏政

作 品 名 毬藻と毘沙門天

コメント 

084
085

応 募 者 ヨブ

作 品 名 無題

コメント 

085
086

応 募 者 高橋 京子

作 品 名 菩薩様とふくろう

コメント 菩薩様のやさしい微笑みに癒されます

086
087

応 募 者 mmm

作 品 名 大日さん

コメント 家族の生活空間でいつも爽やかな光を放つ大切な存在です。

087
088

応 募 者 澤本正一

作 品 名 灯り

コメント 仕事がらLEDを使ってライトアップして見ました。

088
089

応 募 者 澤本正一

作 品 名 

コメント 壁や天井にに映る影が癒してくれます。
LEDは手作りで、色の変化も楽しめます。

089
090

応 募 者 ズルオ

作 品 名 階段の空也上人

コメント 最近の空也上人の定位置です。

090
091

応 募 者 カシ丸

作 品 名 空也の旅

コメント 自然の中の空也さんを撮影したかったのですが、インテリア縛りがあったので影にフォーカスして撮影してみました。これからも空也さんにはモデルとして頑張ってもらう予定です。

091
092

応 募 者 熊沢敏一

作 品 名 本棚の中の五部浄

コメント 

092
093

応 募 者 TKC70

作 品 名 東の空より毘沙門天さま

コメント 先日はお店にいきなり伺ったところ、ご丁寧な対応をありがとうございました!お名刺を頂くのを失念してしまいましたが、担当してくださった女性スタッフの方、長い時間お付き合い頂き、ありがとうございました。弥勒菩薩さま、毘沙門天さま、昨日無事に届きました。まずは毘沙門天さまを2階東の窓際に、我が家全体を見守ってくださるようにお立ち頂きました。荘厳な造形の中にも軽やかさが感じられる御社の仏像、とても素晴らしいと感じます。私の一番の憧れは雲上観音さま。まだあちらを求めるまでには時間が必要ですが、いつか我が家にいらっしゃる事を目標に日々頑張りたいと思います。

093
094

応 募 者 水野恵美

作 品 名 父の誕生日に

コメント 10月8日、父が生きていたら90歳の誕生日の日、仏像好きな父が、"弥勒菩薩が一番好きだ"と写真を見ながら語る穏やかな顔を思い出しました。会社の近くに仏像ショップがあるのはネットで知っていましたので、弥勒菩薩があれば見てみたいと伺いました。父が生きていればきっと購入し眺めてたに違いないと、ミニサイズでしたが購入しました。帰りに花を買い写真を撮り、母と姉にメールで送りました。

094
095

応 募 者 こひらだいすけ

作 品 名 守護神とサハラ

コメント サハラとはアラビアで沙漠の意味。珍しい大きなパピルスに描かれた砂漠の前で毘沙門天が構えて私達を見守ってくれています。

095
096

応 募 者 こひらだいすけ

作 品 名 我が家の守護神

コメント きっと、どんな時にも私達家族と天界で息子を護ってくれます。

096
097

応 募 者 Ao.TAMA

作 品 名 寝酒を見守る菩薩さま

コメント 毎夜の愉しみ。お気に入りのシングルモルトにジャズのレコード。煙草を吹かしながら、無になる・・・・・。

097
098

応 募 者 はなこ

作 品 名 緊張感

コメント 今ちょうど引っ越しの準備とかぶりスマホに撮ってあった家に来たばかりの阿修羅さんです。緊張気味な感じです。大事な阿修羅さん今は箱の中です・・家に来てからずっと箱の中の仏頭さんもいます・・来年は新居で良い写真を撮って応募したいと思います。

098
099

応 募 者 杉山みつぐ

作 品 名 希望

コメント 火災に遭い変形しているにも関わらず、あるいは変形しているからこそ、そこに凜とした美しさがあり、目線の先に希望を感じ得る。

099
100

応 募 者 iriogrande

作 品 名 『時の証人』

コメント いつも見守っていただいています

100
101

応 募 者 タガワノリカズ

作 品 名 誇り高き毘沙門天

コメント 

101
102

応 募 者 タガワノリカズ

作 品 名 毘沙門天と金印

コメント 

102
103

応 募 者 MIL

作 品 名 朝陽射す

コメント 朝日差し込む窓辺の仏頭と蛙

103
104

応 募 者 MIL

作 品 名 夕光陰る

コメント 夕日が沈む窓辺の仏頭と蛙

104
105

応 募 者 櫻庭紀美子

作 品 名 『22時 少し話そう・・・』

コメント 仕事が終わって、家事を終えて少しだけ一日を振り返ります。良い事も、悪い事もあるけれど、今日一日の出来事をなんとなく独り言のように。

105
106

応 募 者 櫻庭紀美子

作 品 名 『休日の朝』

コメント 普段のは慌ただしく、余裕がないのですが休日の朝はなるべく早く起きています。朝日の中で少しゆっくり呼吸を整えるだけですが気持ちがいいです。

106
107

応 募 者 M.M.

作 品 名 映り込む窓辺の光

コメント 阿修羅像は光の陰影で変化する表情がとても気に入っています。斜めから見るときの表情が、とくに凜々しい。疲れた気持ちを吸い取ってくれるようで、穏やかに次に向かう気持ちになることができます。

107
108

応 募 者 M.M.

作 品 名 和室の片隅で

コメント 寝室にしている和室の一角の飾り棚で、曾祖父の代からの置物などとともに。ゴチャゴチャとにぎやかなほうが、仏像も生き生きとしてくるように感じます。さて、次はどの「仏像」を並べてみようか・・・

108
109

応 募 者 DDdaigoDD

作 品 名 『俺のオーラが分かるのかい?』

コメント 黒い二段の本棚の上段を、伐折羅大将が独占!あれこれ、いろんな場所で撮影してみましたがやはり伐折羅大将は黒が似合う!極めてシンプルな感じになりましたがオーラを放っているようにも見えたり。しませんか??

109
110

応 募 者 Ao.TAMA

作 品 名 『鎮座』

コメント 

110
111

応 募 者 VWX

作 品 名 五部浄

コメント 畳に置いてみました。

111
112

応 募 者 J太郎

作 品 名 ナチュラルとの共存

コメント ナチュラルな家具の中に、より自然に仏様達を安置出来るかを日々の生活を通して楽しんでいます。

112
イスム取扱店舗 イスムショップご利用ガイド ご質問・お問い合わせ イスム安心サポート 仏像を楽しむならイスム会員