第3回イスムフォトコンテスト(2013年)

第3回イスムフォトコンテスト(2013年)

第3回イスムフォトコンテスト(2013年)

01

応 募 者 たかし

作 品 名 中秋の名月

コメント 中秋の名月9月19日に撮りました。夜空の真珠(満月)を取らんとばかりに、雄たけびを上げる蔵王権現さまに、思わず合掌。

01
02

応 募 者 見仏好き

作 品 名 夜の踊り子

コメント 威厳に満ちた御姿から映し出された影の躍動感は正しくダンサー。

02
03

応 募 者 高橋 貢

作 品 名 幻想

コメント (コメントなし)

イスムからのコメント背景に広がる見事な夜景と、スポットライトを浴びた「イスム 阿修羅」の対比が見事です。衆生(=街)とそれを見守る仏、
という構図も見て取れます。まさに「地の利」を活かした作品です。

03
04

応 募 者 hoheji

作 品 名 集合

コメント 本棚の1段を占領し,家族を静かに見守っています。

04
05

応 募 者 カッチン

作 品 名 真言密教のある空間

コメント 我が家のささやかな癒しの空間です。

05
06

応 募 者 こだまやすお

作 品 名 収穫

コメント (コメントなし)

06
07

応 募 者 Wansan

作 品 名 江戸切子と五部浄

コメント 応接間においてある江戸切子の菓子皿の前に五部浄を置いてみました。

07
08

応 募 者 TAZ57

作 品 名 夕日に燃える愛染明王

コメント (コメントなし)

08
09

応 募 者 TAZ57

作 品 名 十一面観音 揃い踏み

コメント (コメントなし)

09
10

応 募 者 TAZ57

作 品 名 我家の東を守る 伐折羅大将

コメント (コメントなし)

10
11

応 募 者 TAZ57

作 品 名 弥勒様と天気予報

コメント (コメントなし)

11
12

応 募 者 山田裕一

作 品 名 弥勒菩薩と作曲

コメント 弥勒菩薩の穏やかな顔に見守られながら作曲活動

12
13

応 募 者 ハリソン

作 品 名 小曼荼羅

コメント 自分なりの曼荼羅世界に酔っております。今後もメンバーが増えていけば、入れ替えてみたりして楽しみたいと思っています。

13
14

応 募 者 太田光彦

作 品 名 中秋の名月

コメント 9月19日深夜ベッドからふと窓の外を見ると窓際に飾ってある広目天が見事な満月を眺めているような印象を受けシャッターを切りました。丁度この日は中秋の名月でした。

14
15

応 募 者 ぐっちゃん

作 品 名 荘厳

コメント 静かで厳かな雰囲気と佇まい。見るものの心を見透かしているかのような眼差し。広目天像は、いつも書斎の机にあって、自分に強くあれと語りかけているような気がします。

15
16

応 募 者 寺山保

作 品 名 毘沙門天…我が家の守り神

コメント 常に前を向き…我が家の平穏無事を一身に背負ってくださる

16
17

応 募 者 ヒロタン

作 品 名 棚の上の五部浄さん

コメント 購入後、棚に飾って記念にパチリいい顔してますね。

17
18

応 募 者 クレオバラ

作 品 名 小宇宙

コメント 奥に見えます100年もののブナの球体は、上部に窪みがあり、木片を入れ香油を注いで香りを楽しんでおりますが、阿修羅像との合体で更に宇宙の広がりを感じて、しばし悠久不変の世界に浸って疲れを癒しております。

18
19

応 募 者 クレオバラ

作 品 名 エンジェルさんと一緒

コメント 階段の踊り場に15年も飛んでおりますエンジェルさん。突如、何を思われたのか蔵王権現の出現。日々の階段上がり下りの度に、このミスマッチな光景が何となくビビッと感じます。以外に違和感を感じないのはなぜでしょうか?結構気にいっております。

19
20

応 募 者 大塚 奈美

作 品 名 古瓦と仏像様と秋

コメント 古瓦の花器に、季節毎の造花を差し、自分達だけでなく、仏像様にも、四季の移ろいを楽しんで頂いております

20
21

応 募 者 大塚 奈美

作 品 名 古瓦と仏像様と秋・アップバージョン(笑)

コメント 古瓦の花器に、季節毎の造花を差し、自分達だけでなく、仏像様にも、四季の移ろいを楽しんで頂いております。アップで撮った写真も、後ろの壁に映る、仏像様の陰の具合が好きでしたので、送らせて頂きました

21
22

応 募 者 マーちゃん

作 品 名 彼との残業

コメント 立場上、部下には弱音を見せられないし、生きて行くって大変だなあ・・って思う。普段は、上司への不満を彼の怒髪天にぶつけてストレスを発散している私。彼が余計に怖い表情に!でも、電灯の薄明りに照らされた彼の姿を見ていると、甘えた私に活を入れ、叱ってくれているような優しい表情に見えるから不思議ですね。

22
23

応 募 者 ゆう1

作 品 名 玄関でお出迎え♪

コメント 仕事で疲れて帰ると、なんとも言えない表情で出迎えてくれます。

23
24

応 募 者 滝沢晃生

作 品 名 笑み

コメント 菩薩の静かな笑みと大黒様の大笑いの対比です。

24
25

応 募 者 KIYO

作 品 名 階段の上の投入堂

コメント 照明に照らされたエネルギッシュな蔵王権現&観葉植物。毎日の元気を注入してもらいます。

25
26

応 募 者 ZAKI

作 品 名 仏像とハウスバード

コメント 仏像とイームズ。それは伝統とモダンとおきかえてもいい。精密な造形とシンプルなデザイン。お互いが対極にあるからこそ、お互いにないものを補い合い、お互いを引き立てあう。影として2つが融合した部分には、未知の力が宿っているようだ。

26
27

応 募 者 ZAKI

作 品 名 仏像と旅支度

コメント 仏像をトランクに潜ませて、旅に出てみたい。時間も場所も超越した仏像との旅。きっと素晴らしい旅になるはずである。

27
28

応 募 者 ペドくん

作 品 名 歴史

コメント 妻が購入したバサラをちょっと拝借し、会社のデスクに置いてみました。トロフィーに見る社の歴史と、天平から変わらぬ姿の塑像。受け継ぐことの大切さを改めて感じさせられました。

28
29

応 募 者 吉井勝也

作 品 名 おかえりなさい

コメント 家に帰ると家族の誰よりも優しく迎えてもらえます(T_T)

29
30

応 募 者 吉井勝也

作 品 名 燃える神将

コメント 赤富士と赤伐折羅でこの冬を迎えます

30
31

応 募 者 ZAKI

作 品 名 仏像と安眠

コメント 自分の安眠にかかせないもの。「読書」「音楽」そして「仏像」どれも心に安らぎを与えてくれる。

31
32

応 募 者 浅井 恭平

作 品 名 仏頭と洋花1

コメント 洋花と並べると違和感ががあるようでないかも。

32
33

応 募 者 浅井 恭平

作 品 名 仏頭と洋花2(窓開き)

コメント 窓を開けるときれいになった

33
34

応 募 者 浅井 恭平

作 品 名 チョコレート in 仏頭 〜日常の風景〜

コメント 日常です・・・。

34
35

応 募 者 たかし

作 品 名 トイレの仏様

コメント 昔から、トイレには仏様がいらっしゃり、綺麗に使うと男前になると。おばあちゃんが、言っていた? 合掌!

35
36

応 募 者 くまじろう

作 品 名 刻(とき)の彼方へ

コメント 凜とした表情が部屋の雰囲気をグッと引き締めてくれます。

36
37

応 募 者 下山卓也

作 品 名 動と静

コメント タイトルは「動と静」です。一緒に写っているのは、私の息子が十数年前に修学旅行で作ってきてくれたものです。ただ型にはめて焼いたらしいのですが、息子が一生懸命(たぶん)作ってくれたであろう埴輪の”静”と貴社の”バサラ”の抑えた”動”のコンビネーションは仕事から帰ってきた後のホッとさせる組み合わせです。バサラを購入してからは、ずっとこの状態で飾っています。

37
38

応 募 者 commencal

作 品 名 週末のひととき

コメント 週末の夜、菩薩半跏像の傍らで次の山行に向けてルートを思案中。地形図と過去の記録を睨みながら、何とも充実感のあるひとときです。登山の安全と当日の天候も菩薩様に祈願して。

イスムからのコメント「イスム 菩薩半跏像」に見守られながらの旅の準備、撮影者の方のワクワクした気持ちが伝わってくる作品です。奥に見えるのは以前撮られた山でのお写真でしょうか。
今度の旅も素晴らしいものになりますように…。

38
39

応 募 者 吉井勝也

作 品 名 小春日和の昼下がり

コメント 影さえ神々しいです。

39
40

応 募 者 KAZZY

作 品 名 怒髪衝天

コメント 照明でより迫力増大このアングルが一番馴染み深く、やはりカッコ良いと思います。お隣さんは、ハロウィンの可愛らしい飾りかぼちゃです。

40
41

応 募 者 田中誠

作 品 名 おかえり

コメント 階段のかべに飾り棚をつくり「天燈鬼・竜燈鬼」を飾っています。スポットライトが無いのが残念

41
42

応 募 者 寺山保

作 品 名 和の憩い

コメント 菩薩半跏像

和室…

憩いを求めならベストマッチ♪
まだ未完成ですが…

くつろぎの空間を作りたいです

42
43

応 募 者 森昌彦

作 品 名 和洋折衷

コメント (コメントなし)

43
44

応 募 者 金太郎

作 品 名 日溜まりの明王

コメント 晴天の冬、TVボードの上におられる愛染明王は、ベランダの日溜まりを背にして気持ち良さそうです。
逆光での露出調整に苦慮しつつ、縦の窓枠で左右真っ二つという単調な構図を意識した上で撮影してみました。

44
45

応 募 者 QOT@

作 品 名 秘めたる聖所

コメント 伝説的な仏像、この蔵王権現には、「謎めいた」というより秘密の薫りがする。厳しく選び抜いて少しずつ集めた趣味の茶道具を仕舞う棚。秘めたる聖所は、蔵王権現が護ってくれる。ささやかで美しい秘密なら、黙って共有してくれそうな「頼れる仏像」に励まされて、今日も審美眼を磨きに行こう…。

45
46

応 募 者 田中誠

作 品 名 お帰りなさい

コメント 帰ったとき、階段を上がる途中にかざっています。

46
47

応 募 者 トクメー

作 品 名 天気の良い日は

コメント 外でも活躍してもらっています。

47
48

応 募 者 かぐや姫

作 品 名 いつも一緒

コメント 珈琲が出来上がるのを待っています。いつも近くにいてくれる私のパートナーです。
迷った時は答えを聞いてみるのです。

48
49

応 募 者 A

作 品 名 

コメント 我が家の毘沙門天は裏鬼門に飾らせていただいております。どうぞ宜しくお願いいたします。

49
50

応 募 者 佐藤 吉信

作 品 名 獅子風雷

コメント 玄関でにらみをきかせています。

50
51

応 募 者 あっさん

作 品 名 迫力

コメント 白い壁とのコントラストが部屋を引き締めてくれます

51
52

応 募 者 鈴木雅利

作 品 名 大自然〜恐れと恵み〜

コメント 昔は得体の知れない自然の脅威を恐れ、今では、そんな自然の力を利用し、その効果を簡単に目にする事ができる。
対局の二つを並べて見ました。
こんな、ディスプレイも面白いかなぁと思いました。

52
53

応 募 者 鈴木雅利

作 品 名 明星を掲げて

コメント 外の風景といっしょに、写真に収まる。本物では、あり得ない状態で仏像を眺める事が出来るのも、フィギュアならでは

53
54

応 募 者 ブースカブー

作 品 名 動と静

コメント 蔵王権現のフォルムがとても気に入っています。

54
55

応 募 者 ブースカブー

作 品 名 朝陽の光背

コメント 障子越しに射し込む柔らかい朝陽が十一面観音様の光背のようにみえます。香をくゆらせて眺めるのが毎朝の日課です。

55
56

応 募 者 A

作 品 名 

コメント 我が家の毘沙門天は裏鬼門に飾らせていただいております。どうぞ宜しくお願いいたします。

56
57

応 募 者 A

作 品 名 

コメント 我が家の毘沙門天は裏鬼門に飾らせていただいております。どうぞ宜しくお願いいたします。

57
58

応 募 者 A

作 品 名 

コメント 我が家の毘沙門天は裏鬼門に飾らせていただいております。どうぞ宜しくお願いいたします。

58
59

応 募 者 A

作 品 名 

コメント 我が家の毘沙門天は裏鬼門に飾らせていただいております。どうぞ宜しくお願いいたします。

イスムからのコメントきりりとした板張りの玄関に置かれた「イスム 毘沙門天」。守護神たる毘沙門天の、その存在の意味まで考えてお使いいただいています。
履物を脱ぎながら、毘沙門天さまに一日の無事を報告なさるのでしょう。撮影者の方の暮らしかたが伝わってきます。

59
60

応 募 者 うさん

作 品 名 今日も、一歩前へ

コメント 衆生を救済するために、まさに今、一歩踏み出そうとしている十一面観世音菩薩。その姿を見ていると、「よし!今日もやるぞ!」という気持ちになります。十一面観音が今日も送り出してくれるような、そんな朝の光景を写真にしました。

60
61

応 募 者 近藤 徹男

作 品 名 放任主義

コメント ちょっとキミたち! おもいっきりテレビにかぶってますよ!!

まぁ… いいです…。放任主義です。 当分の間、気のすむようにやらせてあげようと思ってます。

61
62

応 募 者 近藤 徹男

作 品 名 カオス!

コメント カオスというか、雑居というか…。
いわゆるお上品なインテリア空間とは程遠いこの秘密基地のような部屋で、同居人であるイスム君たちはいつも僕を上から見下ろしています。

ワガママなんです、こいつら…。

62
63

応 募 者 近藤 徹男

作 品 名 おりんとイスムとその他わんさか

コメント 欲しいものばかり集めてできたこの部屋は、まさに子供の頃に造った秘密基地です。そんな中イスムの面々はワガモノ顔で思い思いの場所に陣取っています。お陰でテーブルとしての機能はほぼ無くなり、僕はその片隅をかろうじて使わせて頂いています…。

63
64

応 募 者 あぶらこ

作 品 名 卓上のぬくもり

コメント (コメントなし)

64
65

応 募 者 オリンポス

作 品 名 寝室にて

コメント 眠りにつく前、今日一日の喧騒を忘れ、一息をつく。洋の東西、古今を思い。

65
66

応 募 者 小松弘明

作 品 名 壁際の童子さま

コメント AVルームに10体並んでいただいています。

66
67

応 募 者 beat2555

作 品 名 壁際の神将さま

コメント サイズ以上の迫力が出ていると思います。

67
68

応 募 者 beat2555

作 品 名 怒りの権現さま

コメント 躍動感出ていると思います。

68
69

応 募 者 たまゆらに想う

作 品 名 夕暮の弥勒様

コメント 先日、表参道店にてお世話になりました。
後日、心のこもった御手紙もいただき、感動致しました。ありがとうございました。

69
70

応 募 者 オリンポス

作 品 名 安眠

コメント たまたま仏頭を飾っている水屋のそばに動かした椅子で、我が家の猫が眠っていました。そのままの風景です。

70
71

応 募 者 たまゆらに想う

作 品 名 力強く。

コメント 地元の御寺で惚れた毘沙門様を自宅で愛でる喜びに浸っております。

◎講評「TanaCOCORO[掌] 毘沙門天」の奥に控える松の苔玉がゆらゆらと天を突きぬける構図が毘沙門天の迫力を増しています。
像自体は左半分を敢えて影で落とすことで立体感が強調されました。全体として像の小ささをまったく感じさせない強い力を画面全体から感じることができます。
今回ご応募いただいた中で、群を抜いてポイントの高かった作品です。

71
72

応 募 者 田中宏政

作 品 名 花の毘沙門天

コメント 初めて応募してみます。
仏像を生活にうまく取り入れていきたいです。

72
イスム取扱店舗 イスムショップご利用ガイド ご質問・お問い合わせ イスム安心サポート 仏像を楽しむならイスム会員